為替予約の種類

fytgggf

将来的に為替が変わっても取引に影響が出ないようにしておくのが為替予約です。予約や実行日の決め方は幾通りかあります。予約の実行日を将来の任意の特定日とする為替予約を確定日渡しといいます。期間渡しとは、一定期間内に予約を実行するという取決めで行う取引です。実行日に幅を持たせず、8月1日なら8月1日と決めておく取引方法が確定日渡しとなります。外国為替取引での為替予約では、外貨定期預金の満期解禁日、外貨の支払い期日など、入金か確定している場合などに行います。一方、外貨の受け取り日がはっきり限定できない時は期間渡しで予約をします。輸出入契約後に外貨建て代金が入ってくる見こみがある時などです。暦月渡しとは5月渡しや7月渡しなどの形で、カレンダーに合わせ予約の期間を取りきめます。1日から末日の期間であれば、銀行の休業日を除いて、いつでも予約を実行することができます。この取引方法ならば、事前に期日を決めていれば8月25日~9月10日という月をまたいだ決め方も可能です。こういった予約日の指定方法を、特定期間渡し、順月特定期間渡しといいます。実行可能な日なら、期間内のどこででもできるという予約です。また、輸出や輸入の方向が同じものではあれば、送金取引や書類が伴うものでも複数回に分けて実行することが可能です。為替予約は、その時々の状況に合わせて最適なものを使います。

カービューの車一括査定と査定額を高くするコツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ